寝る前に主な関節を全て整える方法

あいたたたた、となる前に
主な関節を寝る前に
全て整える方法です。

普段の施術で行っており
筆者自身も実践していますが、
自己責任でお願いします。

始めは優しく、様子を見ながら。
少しずつ勢いを強めます。
ちょうど良い力加減を見つけて下さい。

以下の順番で説明します。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

下肢
 足首
 膝
 股


 骨盤
 腰椎

※ 下肢・腰は今回の記事で掲載

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

上肢
 手首
 肘
 肩


 胸椎


 頭蓋骨

※ 上肢・胸・頭は次回の記事で掲載

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

頚椎の調整は省いています。
文章でうまく伝えられるようになったら
掲載しようと思います。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

足首

 足首以下、全てあお向けで行います

 足裏を床にペタッと着けて
 膝を内外に倒す
 足首の内外が伸ばされる程度まで
 片足ずつ行う


1で外旋
2で膝伸ばし
3で内旋
4で膝伸ばし
5で膝真上
6で膝伸ばし
という意味です
 脚を外に回し(外旋)て膝を屈伸
 脚を内に回し(内旋)て膝を屈伸
 今度は脚を回さずに膝を屈伸
 片足ずつ行う



 股関節を
 外回し数回
 (上図の「1」は左股関節の外回し)
 内回し数回
 踵で宙を蹴り、膝を伸ばす
 膝が伸びたまま踵を落とす
 片足ずつ行う



 膝を抱えて回す
 膝を浅く抱え矢印方向にギュッと押す
 中くらい、深く、と抱えて同様にする

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

次回の記事に続きます。