寝る前に主な関節を全て整える方法(上肢・胸・頭)

前回記事の続きです。

前回の記事は、↓こちら↓
寝る前に主な関節を全て整える方法
下肢(足首・膝・股関節)
腰(骨盤・腰椎)

今回は、

上肢
 手首
 肘
 肩


 頭蓋骨

です。

繰り返しになりますが、始めは弱く、
徐々に強くして、ちょうど良い
勢いと力加減を見つけて下さい。

コツは、少しやってみたら
効果がよく分からなくても
寝てしまうこと。

その場で「楽な体」を求めると
やり過ぎになりかねません。

—————————

手首

 親指を手首甲側に乗せて揺らす。
 小指側・親指側・真ん中の順番で三か所。

 手首を甲側から掴んで両腕を伸ばす。
 手首関節を締める。



 肘を数回、内回し。
 勢いを付けてピンッと肘を伸ばす。



 脇の下に反対の手を当て
 腕を内に回す。(内旋)

 体全体に腕の内旋が伝わったら
 一気に力を抜く。

胸椎

 左手で右肘を持つ。
 角度は斜め下45度。

 左手で右肘を引くようにして
 体を反時計回りに捻る。
 (頭の方から見ると左回り)

 五秒待つ。

 今度は
 右手で左肘を持つ。

 右手で左肘を引き
 上体を時計回りに捻る。
 (右回り)
  
 同じく五秒待つ。

 肩甲骨のあたりにストレッチ
 される感触があれば正解。

 反時計回り、時計回り、という
 順番は必ず守って下さい。

頭1

 頭の後を上下にさする。
 大きな犬を撫でるくらいの力。

頭2

 掌(てのひら)の付け根を
 側頭骨(耳の上)に置く。

 薬指を百会(頭頂部)に置く。

 百会を支点に側頭の皮膚を
 頭方に上げる。

 グイグイではなく
 じわーっと。

—————————

以上です。

一通りやったら寝ましょう。

翌朝、少しでも痛みがあれば
もっと緩く行います。

寝る前より何となく調子が
良くなっていればOKです。