幼児の耳の痛み、耳管のつまり.txt

●幼児の耳の痛み(耳管の詰まり)

幼児は成人に比べて耳管が水平に近い(幼児は10度ほどの傾斜、大人は45度ほど)ためか、耳管が詰まりやすくなっています。

耳管の位置(左右に一つずつ)

もし、ご飯を噛んでいる時に耳の痛みを訴えるような場合は、耳管の詰まりが原因かも知れません。

●痛みの取り方(セルフ、もしくはご両親で)

耳の穴から頬骨にかけて、耳管のあるあたりの皮膚を軽く縮めます。

耳の穴寄りから頬骨にかけて、後、中、前、と三か所を五回ほど。

 
その後に耳の穴に指先を当てて(指を浅く耳に入れても良い)、その指を十秒ほどさすります。

嫌がる場合は危ないので、耳に指を当てないでください。

 
以上になります。

 
ご注意!!

一回でやり過ぎず、一日一回程度のケアにして下さい。

効果が思わしくなければ耳鼻科へ。