腰痛のセルフケア

●このような症状はありませんか?


・腰痛に加えて足の痛みやしびれ、麻痺がある。

・長時間立ち仕事をしたり同じ姿勢を続けていると腰が痛くなる。

・ギクッと激痛が走り動けない。

腰痛になると、

・椎間板ヘルニア
・脊椎分離症
・すべり症

などが疑われます。

もちろん併発していることも、単に筋肉の炎症であったり骨盤の関節(仙腸関節)がずれている場合もあります。

また、乏血で痛みが出ることもあると言われています。

乏血とは聞きなれない言葉かも知れませんが、必要なだけの血液が臓器や骨に流入していないことをいいます。

(簡単に言えば血行不良です。)

肝臓腎臓が良くないこともあります。

●腰が痛くなる理由と病院での処置

内臓(特に肝臓や腎臓)の不調から来る腰の痛みを除けば、一言で言うと立つ座る寝る動く姿勢が悪いからです。

姿勢が悪いと腰に余計な負荷がかかり、

・椎間板ヘルニア
・脊椎分離症
・すべり症
・筋肉や筋膜の炎症
・仙腸関節のずれ
・乏血

を引き起こします。


図内の説明と重複しますが、椎間板ヘルニアは椎間板の髄核が飛び出し、脊髄神経を圧迫している状態で、腰だけでなく脚の痛みやしびれを伴います。

髄核の飛び出しには筋膜の過剰な弛緩、つまり姿勢の悪さが関与しています。

分離症の場合は椎骨の棘突起が分離(平たく言えば骨折)しており前屈後屈に強い痛みを伴います。

すべり症は上下の隣合っている椎骨が前後にずれることをいいます。

ジャンプしての着地で強い痛みを感じます。

そもそもジャンプできない場合もあります。

病院ではレントゲン、MRIなどで検査をして痛み止めやコルセットを処方します。
手術を提案される場合もあります。

全ての病院がレントゲン、投薬または手術という流れ作業だとは思いません。

ですが当整体を訪れる方のお話を聞く限りでは改善があってもなくてもレントゲン、投薬、の流れは鉄板の処置のようです。

ちなみに腰椎分離症の改善率は3~5%といわれています。

(保存療法、つまりコルセットを使用、もしくは自然治癒での改善率)
 
 
●整体でよくなるの?

椎間板ヘルニア、分離症、すべり症は一生付き合っていくものと言われています。

または年齢によるものだから諦めなさい、と言われがちです。

ですが、実は日々付きまとう腰の悩みは解消できます。

当整体での施術の流れは検査、施術、生活習慣のアドバイスです。

流れについては病院と比べて大きな違いはないように思われるかもしれません。

しかし骨盤をはじめ腰椎や股関節、筋肉や筋膜を整えていくと、神経の圧迫も解消されて、通常では理解しがたいほどの回復を見ることがあります。

当整体では

・ギックリ腰ならば1~2週間
・椎間板ヘルニアであれば1ヶ月
・すべり症分離症も1~2ヶ月

で改善した実績はあります。

ただし、いずれの症状であっても腰を整体で整えること。

姿勢や食事などの生活習慣も改善することが前提です。

まずは体の歪み全般の整え方を参照の上、実践して下さい。

肝臓と腎臓のセルフケアについて休肝日を作るなどは必要です。


その上で右太ももの図の場所を手刀で何度も叩いて下さい。

・右太ももの外側、真ん中あたりが肝臓のポイント。

・右太ももの外側、真ん中より指の幅四本分ほど脚の付け根寄りが腎臓のポイント。

少し痛いな、という程度の強さでちょうど良いです。

だんだんと肝臓などの調子が上がってきます。

まずは一日三分、一週間やってみましょう。
 
 
ただ、痛みが強くてセルフケアどころではない、という場合には当整体か病院まで。