関節の動きは三つだけ(腰痛予防に)

with コメントはまだありません

おはようございます。
とうとつですが、成果の八割は二割の要因から生まれるそうです。
(「80:20の法則」リチャード・コッチ著より)

というわけで(?)枝葉末節は省いて手短かに。

人体にできる動きは、
・前後
・左右
・回旋
の三つだけです。

関節の動きは、前後の屈曲、左右の側屈、左右の回旋の三つだけ
そして、例えば上体を前に倒すという一つの動きだけで腰を痛めることは稀です。
しかし、上体を前に倒してさらに捻る、ということをすると、神経などが大きなダメージを受けることになります。

完璧に、前後のみ、左右のみの動き、というのは不可能ですが、

「一方向への動きならば腰を痛めにくい」

ということを頭に入れておくと、大きな痛みを予防することができます。

それではまた。