頚椎ヘルニア

●頚椎ヘルニアの症状

頚椎ヘルニアを患うと

・肩から腕への痛み、しびれ
・首を動かせない
・足の先までしびれが伝わる(髄核が後方に大きく出た場合)

といった症状が表れます。

首コリの図
手や肩が激しく痛み(放散痛)、
しびれは上肢(腕から手)に出ることが多いです。
まれに歩行が不自由に感じられることもあります。

感覚の鈍さは糸を針の穴に通す、ページをめくる、
ボタンをかけるといった細かな動作(巧緻運動)を
難しくさせます。

●頚椎ヘルニアの原因

首は7つの骨が重なって構成されています。
頭の方から数えて2~7番目の骨の間には椎間板があり
クッションの役割を果たしています。

椎間板の中には髄核というゼリー状の物質があり、
これが背側に飛び出し神経を圧迫すると
手や腕、肩に放散痛を生じます。

椎間板ヘルニアの図
髄核が繊維輪から押し出されること。
これを椎間板ヘルニアといいます。

神経の圧迫されている部分が痛むのではなく、
圧迫されている神経が担当している部位が痛みます。
例えば左肩を担当している神経が圧迫されれば
左肩が痛みます。

病院で手術になると首の骨を一部削ったりしますが
頚椎ヘルニアは骨盤、脊椎と筋肉を整えると
改善することがほとんどです。

脊椎を整えるとは、腰椎、胸椎、頚椎を整えることを指し、
筋肉を整えるとは、首まわりの筋肉の緊張を緩めることを言います。

●頚椎ヘルニアは放置したり我慢せずにご相談ください

ある20代の女性は頚椎ヘルニアの影響で雨が降ると首が痛み、
寝るときも腰が痛むのでまっすぐに寝られない状態でした。

そのようなつらい思いをしていた方が
5回目の来院時にはまっすぐに寝れて
頭痛も解消していました。

数回のうちに改善が見られることはよくあります。
頚椎ヘルニアでお悩みの方は我慢せずに
遠慮なくご相談ください。

●追記 頚椎を整えることの意味

頚椎の1番(環椎ともいいます)がずれると椎骨動脈の血流も滞ります。
具体的には、血液が血管内で渦を巻いて血管を傷つけ、解離性動脈瘤を
おこしやすくなると言われています。

頚椎を整えることは解離性動脈瘤の予防にもなります。
首の痛みを取り除くこと以上に大きなメリットもあるのです。
首の痛みでお困りの方はお電話ください。