むち打ち

●むち打ちとは

むち打ちとは頚椎の捻挫、脱臼です。
ひどいときには脊髄や脳にダメージを受けて
頭痛や吐き気、めまいをともないます。

むち打ちの一番つらい点は、外見では体の異常が分らない。
つらい思いを分かってもらえないことではないでしょうか?

整形外科でレントゲンやMRIで検査をしたら
「異常は見当たりません」または「軽傷ですね」と診断され
放置していたら数ヵ月後に症状が現れることもあります。

●むち打ち5種類

むち打ちには

・ 捻挫型
・ 神経根型
・ 脊髄型
・ バレ・リーウー型
・ 脳脊髄液減少型

の5種類があります。

捻挫型はむち打ちの7~8割を占めます。
寝違いや肩こりのような症状が出ます。

神経根型は腕の神経の知覚異常(しびれを感じたり熱い冷たいという
温度感覚が鈍くなったりする)をきたします。

脊髄型は下肢のしびれ、知覚異常を来たします。
これまでにも足の裏にスポンジがひっついているよう、
または尖った石の上を歩いているように感じる、という方がいました。

バレ・リーウー型は後頭部やうなじに痛みが生じ、
めまい、耳鳴り、顔の知覚異常をきたします。

脳脊髄液減少型は、通常は脊髄液に浮いて衝撃から保護されている脳が
浮いた状態を維持できなくなり、不要な圧力がかかるため
きつい頭痛などを起こします。

また、むち打ちは全身の倦怠感、だるさの原因にもなります。

●整体でみれるむち打ち

・ 捻挫型
・ 神経根型
・ 脊髄型
・ バレ・リーウー型
・ 脳脊髄液減少型

どのタイプのむち打ちでもみることができます。
捻挫型が比較的早くよくなり、下にいくほど
改善に時間がかかります。

それでも首と頭蓋骨を根気よく整えることで
改善していきます。

●これまで改善がみられなかったむち打ちもご相談ください

交通事故に限らず、空手など激しくコンタクトする
スポーツでもむち打ちになることがあります。

特にバイクで追突されたときにはきついむち打ちになる
ことが多いようです。当整体ではバイクで追突され何年も
むち打ちに悩まされた方も回復しています。

他の医療機関や治療院で回復しなかった方でも
あきらめずにご相談ください。

また、受傷時は軽度の痛みであっても数週間から数ヵ月かけて
ゆっくりと悪化することがあります。
軽度であっても早めの相談をおすすめします。